So-net無料ブログ作成
検索選択

あと1週間 [教育]


   私の授業もあと1週間となりました。試験後は2回ぐらいで終わりです。おそらく試験返却、その他で終わりでしょう。試験前なので今週は試験対策で自習です。質問の時間を設けています。

   自習中にふと考えました。私はこの学校で何を残したか。自分の専門教科で果たして生徒を一人一人育てていったか、、と。即答はできません。生徒たちがあとで分かってくれるでしょう。

    試験も出来上がり。あとは印刷です。いい結果を期待しています。
   


nice!(5)  コメント(0) 

授業の後で [教育]

  
   授業が終わり昼休みに数人の生徒が職員室に来ました。さて何だろうか、、、。英語の学習方法を教えてほしいという相談でした。しかも彼らは授業中は常に熱心に取り組んでいる生徒。そして進路も語学を学ぶことを考えています。ああ嬉しい。こういう生徒もいるのです。

   個別に話を聞きましたが嬉しい気持ちでいっぱいになりました。いいぞ、その調子だよ。興味を持って少しずつ勉強してください。将来が楽しみだね。そんな助言はしたもののもう1ヶ月後にはここにいない事を思うと寂しさが残ります。残された日々に何ができるか自問自答しています。

  今日は学習指導要領のニュースを見ました。いろいろと「英語」の科目も大変です。私も勉強しなくてはと反省しています。。。
     
nice!(6)  コメント(0) 

同窓会 [教育]


  先日はある同窓会。昔の教え子と再会です。

  話を聞きながら感じた事。生徒はよく教員の姿を見ているなと実感。えっ?そんな事まで見ていたの?と何度も驚きを隠せませんでした。それでも授業の中で自分が教えた事は間違ってはいなかったと確信しました。別に驕りや傲慢では決してなく素直にそう感じたのです。当時は本当に大変?でしたが少しでも後になって私の伝えたかったことがわかればそれでいいでしょう。

  最後に素敵な花をいただきました。わざわざ、、そんな事までと恐縮でしたが「来週は大切な日ですよね」と言われ感謝の気持ちがじわっと沸き起こります。本当に本当にどうもありがとう。

  帰宅時に人影のいない通りでしばらく花を片手に不覚にも涙を流していました。。。



nice!(6)  コメント(0) 

授業の中で [教育]


   ここ連日教育の日記しか書いていませんがカレンダーを眺めるたびに「さて授業で何ができるだろうか」と考えてしまいます。まずは焦らず自然体で進めていこうと感じています。

   ありのままでいい。いい授業をやろうと考えずに普段自分が実践していることをすればいいのだ、、、職員室で授業準備の時にこんなことを自分に言い聞かせています。

    そして小出しではありますが自分が伝えたかったことを授業の合間に話すつもりです。長話は無用です。手短に簡潔に話すこと。

    数週間ですが頑張ります!




   
   
nice!(1)  コメント(0) 

昨日の続き [教育]


  昨日の記事の続きです。

  今日の授業。チャイムが鳴って相変わらずの状態。挨拶が終わり少し様子を伺いました。そう静かに黙ったまま生徒たちを見ているのです。すると周囲を察してなのかクラスの一人一人の反応が変わります。急いで机上に教科書、ノートを置いてこちらを見ています。そろそろ話をするかな。。。

 「今月で3学期の授業が終わります。私の授業も終わりとなります。。」すると「えっ?」という声があちこちから聞こえました。「そうなの?」「今月で最後?」そうなのです。だから学年末試験の為には今週から今から少しずつ勉強しなければいけないのです。

 「先生はよそへ行くのですか?」そんな質問も出ました。内心ドキッとしました。ここでは即答せず「来年度はどの先生が担当されるか分からないからね」そう言うと寂しそうな顔の生徒もいます。だったら何故昨年もう少し真面目に勉強しなかったのでしょうか。質問に来れば英語の学習方法はいくつか紹介ができます。

  そんな生徒たちとのやりとりが続くと落ち着きが出てきたようです。よし、それならば教科書を始めるか。ゆっくりと今回は以前よりも丁寧に解説しながら進めていきました。一人一人の発言を大切にしながら自分の授業を作りました。合間に自分が伝えたかったことを小出しに話しました。後で心の片隅に置いてくれればいいでしょう。

   気がつくと終わりのチャイム。これでいいのかな。まあ良しとしましょう。





nice!(5)  コメント(2) 

感じていること [教育]


  今日は雑用の為に稽古会には行けませんでした。。。たまにはいいでしょう。

  今日から2月。予定表を見ると今月で3学期の授業は終わり。つまり私のここの学校の授業も終わりとなります。来月は卒業式、そして学年末試験となり終業式になります。

  さて、、担当する高1のクラス。すべてとは言いませんが勉強の雰囲気が漂っていません。これが現実なのでしょう。授業のチャイムが鳴ってもエンジンがかからない様子。出席を確認してさて、、授業開始としても教科書やノートを机上に出しているか、、これは昨年から指示はしていますが毎回確認をしています。教科書の文法事項があっても果たして何人が理解できるか、、。中学の基礎がほとんど理解できない生徒も少なくありません。彼らはおそらく進級はするでしょう。しかし次の英語の授業で苦労するのは目に見えています。誰が担当者かはわかりませんがきっと苦労されるでしょう。

  できないのは仕方がないよ、、、とある先生は助言をしてくれました。しかし実際に目の前でどう授業を進めていくのかそれは担当者の力量にかかっています。分かりやすい面白い授業をと言っても限度があります。すべて英語で授業というのは現実に無理が生じます。

   学校全体として生徒の基礎学力の向上についてもっと討論するべきだと私は以前から感じていました。部活で実績をあげるものもちろんいいでしょう。否定はしませんがそれだけで果たしていいのかと疑問も感じています。

   あと1ヶ月。自分にとって何ができるか、やってみましょう。自分を信じて。







nice!(4)  コメント(0) 

再会 [教育]


  先日ある卒業生と再会しました。ほんの立ち話で終わりましたがあの当時の頃が思い出されました。

   以前ここで書きましたが数年前に高2の教科担当をしました。。。話では聞いていましたが凄いクラスでした。ほとんどの生徒が席に着いていない、落ち着きがない、じっとしてられない、、、初日の授業からこんな状態でした。

 それでも辛抱強く粘り強く授業に取り組んだものですが毎回の授業は水の泡の状態。若い担任に相談しても「すみません」の一言。ある時は当時の教頭、校長に相談しました。「考えておきます」の一言で結局進展はありませんでした。1学期、そして峠の2学期も終わり、3学期が終わった後に数日家で寝込んでしまいました。それだけ身体が我慢していたのでしょう。こんな体験は初めてでした。その当時のクラスの卒業生と街中で偶然再会したのです。向こうから私の顔を見るやいなや挨拶して私も挨拶。元気な様子で安心しました。

   「先生、本当に当時はすみませんでした。クラスの皆がいつも気にしていたのですよ」という言葉に少し?救われました。そういう反応があればよしとしましょう。

  当時は今までの教員生活の中で特に我慢と忍耐の1年間でしたがこんな言葉を耳にすると嬉しいものです。今振り返ってみるとあの1年間がその後の教員生活を大きく変えたと言っていいでしょう。

  大変な1年間ではありましたが今となってはいい思い出なのです。






nice!(7)  コメント(0) 

始業式 [教育]


   今日は始業式。いよいよ最後の学期がスタートしました。今月は入試等でしばらく授業がありませんが残りの授業1つ1つを大切にします。気がつけばもう2月、そして卒業式後にもう終業式、、、となっているでしょう。一期一会という言葉がありますが自分にとって最後の授業の気持ちで取り組んでいきます。

  心の中に少し寂しさがあります。そして期待もあります。春からどんな生活が始まるのだろうか、、きっとなるようになるでしょう。自分の信念を大切にして感謝と謙虚な気持ちを持ちながら前に進みたいです。人生はただ一つ。振り返るより前を見つめて教職に励みます!





nice!(2)  コメント(0) 

同窓会 [教育]


   先日ちょっとした同窓会をしました。卒業生との再会はとても嬉しいものです。その教え子は現在はある会社で日々仕事に励んでいます。

    当時は授業でしか接していませんが真面目に熱心に授業に取り組んでいた印象を受けました。持ち前の粘り強さが影響したのか見事某大学に進学し勉強する環境が十分与えられました。家庭の事情でアルバイトを4年間しながら学費を稼いだことを後で知りただただ感心したものです。

  さて近況報告を聞きながら話が弾んだのですが最後にその卒業生はあるものを持参したのです。それは私が授業の中で配布した英語のプリント!異文化に関するプリントや洋楽のプリント、そして演習で使用したプリント、、、でした。びっくり仰天です。それを丁寧に保存して何と今回持参してきたのです。中には私の赤ペンのコメントが記されているのもあります。。。1枚1枚眺めながら胸が熱くなりました。私は平静を装いましたが心の中で泣いていました。まともに話せる状況ではなかったのです。ここまで私の拙いプリントをきちんと保管しているのを見るのは初めてでした。本当に初めてと言っていいでしょう。卒業生の優しい性格が表れています。嬉しい気持ちでいっぱいだったのは言うまでもありませんが、決して自分の指導は間違っていなかったと感じました。それは傲慢ではなく素直な気持ちからでした。。。

   さて今年も残り少なくなりました。貴重なお時間に私の拙いブログをお読み下さったことに心から感謝しています。どうぞ皆様よいお年をお迎えください。




nice!(3)  コメント(0) 

同僚との再会 [教育]


  昨夜は以前の職場の同僚家族と再会。夜、滞在先のホテルで夕食となりました。

   同僚は今は都内の別の学校で教員をしています。私が最初に赴任した学校(某国私立学校)の同僚で1年間の短い期間ではありましたがとても中身の濃い教員生活を分かち合いました。朝8時から夜の11時過ぎまで職員室にいました。家は職場から徒歩で2分の教員住宅。平日はほとんど職員室に勤務していました。こちらで生活していたと言ってもいいでしょう(笑)当時は若かったので何でもできたのです。学校の隣は学生寮で全員がここで生活を送っていました。しかし、、、いろいろと寮内での問題が頻繁にありその度に生徒指導がありました。この同僚と共に部屋へ駆け込み指導したものです。

 授業の方もそれはドラマに出てきそうな内容でした。詳しくは控えますが教科書をきちんと進めることはまず不可能でした。ですから定期試験の内容もかなり易しめに作成。今となってはいい思い出です。

 週末は授業がないので近所のスーパーで買い物をしたり同僚と列車で1時間かけて日本レストランへ。そこで食べたお値段の高い味噌ラーメン、カツ丼がご馳走でした。同僚が「こんなにカツ丼が美味しいとは!」と感激したものです。異国で食べるカツ丼はささやかなご馳走でした。

 再会するたびにいつもここの教員生活の話で盛り上がります。話題が尽きないのです。それだけあの最初の1年間はこれから始まる教員生活に大きな影響を与えたのですから。何もかもが初めてで私は無我夢中にひたすら前に進んでいました。その当時の同僚の助けに心から感謝しています。

 短い時間でしたが、よし頑張ろう!という気持ちを起こさせた夜となりました。




nice!(3)  コメント(0)