So-net無料ブログ作成
検索選択

供養塔へ [思うこと]


   ここで先日の帰省の事でも書いておきましょう。

  所用の合間に父の遺骨が供養されている都内の霊園へ弟と行きました。生前「献体で葬儀不要。散骨希望」という意志でしたので亡くなった後は大学病院関係の方が来られて遺体は某大学医学部へ運ばれました。私は諸事情で最期の別れは行かずにこちらで過ごしていました。

  昨年の春に父の遺体は医学部の解剖学実習の授業で使われて遺骨は秋に所属する献体の会によって丁寧に供養されました。当初葬儀不要で散骨希望でしたがこれも家族会議で散骨は止めにしました。代わりに都内のある霊園に献体をされた方の供養塔がありそこに遺骨を置いてもらう事にしたのです。

   昨年になって私自身の仕事にも大きな変化が生じましたがこれはたぶん父からの贈り物かもしれないと感じています。以来気分を変えて毎日供養を心掛けています。そして今回の帰省の時に幸いに時間がとれたので供養塔を訪れることができました。お線香を上げて祈りましたが気持ちがすっと良くなったのを覚えています。見上げると広々とした晴れた空。空をしばらく見上げながら今後の自分の生活に誓いを立てたのでした。。。



  



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。